アーティスト年賀状

今年はさらにボリュームアップ!

多彩なジャンルの年賀状からお気に入りのデザインがきっと見つかる!

デザイン一覧はこちら

  • 01
    芦刈将
    大阪生まれ、宇都宮在住。好きな場所は沖縄、仙台、金沢。ミニマリストになりたいけど読書好きで、ついつい本が溜まってしまう。散歩ついでに神社巡り。旅行先でジョギングをする。家に猫が6匹いるけど、犬(ボストンテリア)が欲しい。イラストはこだわりの強い男性に人気です。
  • 02
    aurinco
    宮崎県生まれ。高校(宮崎県)・短大(高知県)ともに産業デザイン科を修了。愛媛県の印刷会社にグラフィックデザイナーとして8年勤続後、ロンドンに留学。2010年より拠点を東京に移し、aurincoとして活動を始動。IT系企業にWEBデザイナーとして4年勤続後、2014年よりフリーランスに。手描きのイラスト、デジタルイラストを使ったカラフルな配色のデザインを得意としていて、雑貨や絵本、イラスト、キャラクター制作、壁画など、様々な媒体での仕事の傍ら、aurinco Creative Action Projectとして企業やNPOと地球環境や自然について伝える活動を積極的に行っています。
  • 03
    Pattern designer maya
    ファッション・テキスタイルデザインを経験後、模様に魅了され、テキスタイルデザイン歴10年。時計、車のラッピング、キャラクタープリント生地、インテリア、浴衣、着物、数々のデザインコンペで受賞。“セレンディピティ"" と “現実的"" をホイップして花蝶風月の世界観を出している。手描き×デジタルの融合作品。パッケージ、雑貨、インテリア壁紙、浴衣などの幅広い分野で活躍中。花、蝶々がすき。趣味はフットサル。
  • 04
    西田真菜
    東京生まれ。インド・鎌倉育ち。印刷会社で営業職をしながらセツ・モードセミナーでイラストレーションを学ぶ。2015年よりフリーで活動。主に広告や雑誌のアートワークを手がける。旅が趣味。色彩豊かに旅先の風景や動物を描くのが得意。
  • 05
    飯田峰空
    1986年生まれ、神奈川県出身。6歳より書道を始め、23歳で師範資格を取得。2015年、第32回産経国際書展にて特選を受賞。2018年、パリ・ルーブル美術館開催のアートフェア『Art Shopping 2018』に出展。商品ロゴ、広告・テレビのタイトル文字の制作、作品発表、ワークショップ講師を行っている。2018年、酒造メーカー主催の日本酒ラベルのコンペで、233作品の中から文字が採用される。(菊の司酒造株式会社「膠漆の交わり」)2019年10月8日〜13日まで、東京都・京橋のギャルリーフロレゾンにて個展「かもしだす」を開催。
  • 06
    いたのなつみ
    イラストレーター。1989年 岡山市生まれ。広島県福山市在住。イラストレーターズ通信会員。岡山県立総社南高校で美術、岡山県立大学でグラフィックデザインを学ぶ。印刷会社、広告関係の会社でグラフィックデザイナーを経て、現在フリーのイラストレーターに。デジタルでの制作ですが、あたたかみ・厚みのあるタッチで、色の組み合わせが得意。イラストレーションで楽しい、嬉しい気持ちになれるよう、かわいくてオシャレなイラスト・デザインを心掛けて制作しています。こども向け、女性向けのイラストで皆さんのワクワクを増やしていきたいです!
  • 07
    はるかんぼ
    イラストレーター。秋田県生まれ東京都在住。6年間 デザイナー経験を積んだ後、独立。デジタル絵本や子供向け番組など、媒体問わず活動中。動物や人物を中心に、あたたかで 茶目っ気のある世界を描いています。
  • 08
    市川リョウコ
    イラストレーター。千葉県生まれ、千葉県在住。東京造形大学美術学科比較造形専攻卒業。大学で現代美術を学び、学芸員資格を取得。卒後、旅、アート制作、ワーキングホリデー、デザイン会社勤務を経て、2009年よりフリーランスのイラストレーターとして活動開始。雑誌、書籍、広告などで活動しています。
  • 09
    イワタニユウスケ
    カラフルでポップで楽しいイラストを描いています!日本郵政 キンコーズ 資生堂BeautyEmpowers ユニクロ UTGP2015特別賞受賞、タカシマヤ、東急ハンズ、JR東海、その他多数のビジュアルイメージを制作しています。
  • 10
    三善千愛
    イラストレーター。1988年生まれ。東京都在住。女子美術大学の付属中学から付属高校を経て、大学のデザイン学科VDコースを卒業。細かい時代考証で、日本の歴史に関する和風イラストを得意とし、時代小説や歴史番組の分野で活躍中。主な仕事に、TBS「世界ふしぎ発見!」、NHK-BS「BS歴史館」、文春文庫「無私の日本人」磯田道史著(映画「殿、利息でござる!」原作)、角川文庫「群青のとき」今井絵美子著、偕成社「ウォーズ・オブ・ジャパン」磯田道史監修などがある。
  • 11
    ふじもとめぐみ
    滋賀県在住のイラストレーターです。2013年からイラストレーターとして活動しています。ころころ、もちもち、ふわふわで、ちょっとおちゃめな動物の絵を主に描いています。ぶた、とり、げっ歯類が特に好きです。
  • 12
    Robert Edwin
    ロバートエドウィン ボールペンとコピックを中心に使用して作品を制作しています。自主ブランドRE.productsを立ち上げ 全国クラフトフェアに出展、各地ギャラリー展示などして活動しています。また 企業とグッズ制作、イラスト制作、パッケージ制作、動画制作などしています。
  • 13
    ChibiRu
    手がけるものは、イラスト、WEBデザイン、ぬいぐるみ・あみぐるみ・テディベア作り、子ども服やドール服制作、クレイでのキャラクター制作など。いろいろなことに手を出してしまった手ヅクリ家です。いちばん好きなのは、産み出したものに命を吹き込む瞬間。パリ在住。
  • 14
    本多里美
    武蔵野美術大学卒業 日本画家 イラストレーター 素材にこだわった作品を制作しています。 和洋問わず様々なテクスチャ、色の組み合わせによる対比などの面白さやオリジナリティを追求した作品の提案をしています。 個展 2015年「箔で描く」ギャラリーLa Mer(銀座) 受賞・入選歴 第48回 日春展 入選 第26回 日本の自然を描く展 優秀賞 第27回 日本の自然を描く展 入選  第101回 二科展 デザイン部  入選  第102回 二科展 デザイン部  入選 第103回 二科展 デザイン部  奨励賞 第104回 二科展 デザイン部  特選賞
  • 15
    中村加菜子
    中村加菜子 神戸女学院大学を卒業後、ロンドンへ留学。2014年、英単語を自然に覚える ことを目的とした絵本『トトとムーおかしのまちへいく』(ワークス)を出版。 靴の月刊専門誌の表紙をはじめ、パッケージデザイン、挿絵、広告などイラストレーターとして活動中。 2018年、シンプルだけど、どこかポップで可愛い、毎日の暮らしに色をそえる テーブルウェアブランド「kanakono」を立ち上げ、デザイナーをつとめる。 お皿やマグカップのテーブルウェアに加え、今年からポーチやトートバックなど雑貨展開も始まっている。 ポップアップストア『雑貨マルシェ』にて、kanakonoを取り扱っていただいた店舗一覧: 有楽町マルイ / 丸井吉祥寺 / 北千住マルイ / マルイファミリー溝口 / なんばマルイ / 博多マルイ
  • 16
    葛谷綺仙
    「書道家calligrapher:葛谷綺仙(KisenKuzuya)1988年静岡県出身。9歳で書に出逢う。第34回産経国際書展秀作受賞。J-culturefestの書道ゾーン出演。クラウドファンディング「きびだんご書初め祭り」での講師。某メーカーコンテンツの創作、パッケージロゴ、飲食店の品書き、装飾物、命名書、社訓、ウェディングボード、iphone/Tシャツデザイン、海外に向けて作品創作。Discover The One Japanese Art 2018 in London選出アーティスト。オランダアムステルダム「Ramen-Kingdom」の店舗ロゴ。青森カシスファーム「梵珠わいん」ロゴ。銀座寿司店「寿司さいしょ」の看板ロゴ。日本橋寿司店「日本橋群八」の店内装飾品。普段は、おしゃべりでも墨の香りに包まれている時は、真剣モードに。」
  • 17
    岩本夏樹
    水彩で鮮やかな世界を描くイラストレーター、画家。普段はまつげのある色っぽい金魚たちを描いている。百貨店の催事や水族館のイベント参加など、関東を中心に活動中。
  • 18
    ふくりえ
    福岡県出身。 デザイン事務所、中学校美術科講師を経てフリーランスに。 九州を中心にポスターや雑誌などのイラストを制作。 神社仏閣好き、動物好きが高じて、特徴的なタッチで霊獣を描く縁起物作家「ふくりえ」として 2017 年 に本格的に制作活動を開始。 明るくめでたい色彩で、厳めしくもどこか愛らしい神々や霊獣たちを描いた作品が人気となり、 2017 年 2018 年と東京銀座で個展開催。
  • 19
    川端隆嗣
    奈良県生まれのイラストレーター。京都精華大学卒業後、透明水彩を使った、緻密で明るく楽しいファンタジーイラストを描いています。現在はアートイベントに参加しつつ、東京、大阪などで個展を開催。画材は、アルシュ水彩用紙、ホルベイン透明水彩などを使用しております。イラストのご依頼も受け付けておりますので、テーマに合わせたファンタジーイラストやリアルタッチの水彩画などご希望がありましたらどうぞご依頼ください。
  • 20
    ミキ
    1989年 千葉県生まれ 宮城県仙台市育ち・在住。4年間デザイン会社でデザイナーとして勤務した後、2014年よりフリーのイラストレーターとして活動を開始。主に子ども・ファミリー向けの分野で活動中。可愛くてほんわかとしたテイストが得意です。お仕事のほか、各地で展示会やアートイベントなどにも参加しております。キャンドゥよりシールブック発売中。
  • 21
    ウシオダヒロアキ
    手描きによる動きのある線、ポップな色、遊び心を大切にしながらアウトドアをテーマとしたアートブランドYOOHOO!(ヤッホー!)を中心に制作。ステッカーデザイン/アパレルブランドのTシャツデザイン/SNSスタンプの制作 等
  • 22
    ふでむら薫里
    デザイン書道家 クールに、ダイナミックに、モダンに、筆文字など様々なご依頼にお応えして書道作品をご提案制作。 毛筆の特徴を活かした表現で、英語や線・模様・イラストも多数制作。 また、文字や言葉をモチーフに、観て感じるアート書を創作。 筆文字や年賀状デザイン、毛筆フォントコンテストなど受賞歴多数。 「デザイン毛筆ふでむら」2005年設立・運営 名鑑「日本のデザイン書道家」作家作品掲載
  • 23
    史枝
    関西在住 京都造形芸術大学 空間演出学科卒業 古布を使用したパッチワーク作品を中心に活動中。 人物をモチーフとした作品が多く、自身の心情を表現しています。 ■略歴 2017年 個展「気のぬけた展」(神戸) 2018年 合同展「雪待月の服と絵展」(京都)      個展「nunu」(大阪) 2019年 UNKNOWN ASIA(大阪)      SICF20(東京)
  • 24
    山田 サトシ
    1988年生まれ。日本大学大学院理工学研究科物質応用化学専攻修了 5年間化学メーカーに勤めた後、アーティストへ転身。 現在はコラージュ作家・リキッドアーティスト・フリーランスデザイナーとして幅広く活動中。仕事以外にアート活動も積極的に行っております。 アーティストとしてバレエと花を用いたフローラルコラージュ、雑誌の切り抜きを用いたコラージュを主に制作。 近年では自らのバックグラウンドを活かそうと科学(化学)的アプローチを用いたリキッドアートに注力し活動の幅を広げる。
  • 25
    imoto sayuri
    イモトサユリ 1988年生まれ、福岡県出身在住。 絵を描くことは、幼い頃から友達づくりのためのコミュニケーションツールとしての存在。 素敵な人に出会ったとき、景色の中に面白いものを見つけたとき、言葉にしづらい気持ちが溢れたときに、色と形にのせて話す。 作品を通じて他者と感覚のキャッチボールをし、未知の自分と出会うことを楽しんでいる。
  • 26
    沙月
    千葉県在住。イラスト専門学校卒業後、京芸刺繍、加賀友禅彩色の仕事を経て 現在、フリーのイラストレーターとして活動中です。 カラーインクの手描きで温もりのある画風を心がけています。
  • 27
    亜土夢
    1952年熊本県生まれ/現 野田市在住 1970年 凸版印刷入社(写真製版レタッチ) 東京デザイナー学院にてグラフィックデザインの基礎を学ぶ〜広告代理店勤務 子育ての傍ら在宅ワーク ʼ96年武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒 大田区社会福祉協議会の障害者のための訪問学級講師(絵手紙) ‘98~99武蔵野美術大学校友会(MSB)サロンギャラリースタッフ 2016・ʼ18・ʼ19 / 東京ビックサイト・クリエイターEXPO出展 フリーのイラストレーター・Gデザイナーとして現在に至る
  • 28
    大原そう
    大阪出身のイラストレーター。 アクリル絵の具を使ってカラフルで元気な絵を描いている。 デジタルで絵を制作する際は、 アナログの手作業をどこかに必ず入れて質感を出す事にこだわりを 持っている。 絵を描く時は「ただ、ひたすらに楽しく!」を モットーにしており 見た人を笑顔にさせる作品が特徴。
  • 29
    jin1eskimo
    デザインユニット「eskimo」代表。ディレクター、デザイナー、イラストレーター、コンサルなどクリエイティブ全般担当。1975年東京生まれ。高専工業デザイン科卒業後、玩具の企画デザイン/ディレクターを経て、カナダ・アメリカへ。2008年デザインユニット「eskimo」を立ち上げ、仕事外でオリジナル作品(立体・平面)を制作発表し、イベントなどに参加。紙媒体から商品、企業やキャラクターの記念イベントやコラボレーションなど多岐に関わる。
  • 30
    平石智美
    1988年生まれ東京都在住。白い紙をベースにカラフルな染め和紙の切り貼りで色を付ける「白い切り絵」で、動物や花、女性や四季の風景をモチーフに華やかに表現している。2016年より東京、神奈川を中心に切り絵講座を開講中。著書多数。
  • 31
    村上暁子
    フリーイラストレーターとして活動中。こども用、ビジネス用書籍、玩具や雑貨等の絵を描きながら、個展、グループ展、アートイベントなどでの展示活動をしています。0.03、0.05ミリペンで描く繊細な線と、水彩絵の具のあたたかい色彩が特徴。「木」や「街並み」の絵の中に女の子や動物たちのちょっとしたしぐさや表情を細かく表現しています。ずっと見ていても飽きない絵、ずっと見ていると何か発見できる絵、そして物語性を感じることができる絵を描いていきたいと思っています。
  • 32
    さかがわ成美
    イラストレーター。女子美術大学卒業。 「基礎英語2」(NHK出版)内コラム年間連載カット、「キャラクターファイル」(玄光社)掲載、「great gear」(NHKワールド)にてTV取材。 “ていねいに考え、のびやかに描く”をモットーに、素朴さと味わいのある線で、どこかにおかしみとユニセックスな雰囲気ただようイラストを展開。 書籍・マガジン・文房具・アパレル・店舗装飾・パッケージ・webコンテンツなど媒体を問わず手がけている。
  • 33
    江戸川南斎
    墨絵師/デザイナー。1978年新潟市生まれ。新潟デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。デザイン会社勤務を経て、現在はフリーでイラストやデザインのお仕事をしております。墨と筆を用いた躍動感ある墨絵イラストを描いていきます。武士・妖怪・仏画など日本古来のものを題材としています。主にインバウンドグッズのデザイン、和テイスト媒体の広告イラスト、スポーツ関係のイラストを手がけております。跳ね、はらい、かすれ、墨しぶきなど、手作業でしか生まれない墨絵の世界をご提供していきます。
  • 34
    石田享子
    大阪府在住 水彩童画家 カナダ・プリンスエドワード島滞在を機に「ゆっくりと流れる時」をテーマに水彩絵の具で制作を続けています。作品は色を大切にしながら穏やかな空気が感じられる物語性ある絵を心がけており、主に子供・小動物・風景などを描いています。 2019年は成田空港で個展「~Clam~ 穏やかな時」を開催し空港を訪れたお客様から多くのメッセージをいただき好評を得た。 これまでに挿絵、商品イラスト、絵本のイラストなどを担当している。
  • 35
    一果デザイン
    神奈川県在住。イラストレーションを中心に、グラフィックデザイン ・Webデザイン等も手がけています。
  • 36
    白川香翠
    書家。福岡県出身、東京都在住。幼少より書を、のちにデザイン書道を学ぶ。  文部科学省後援毛筆書写検定1級。受賞多数。  書道教室、カルチャーセンター講師を経てフリーの書家として活動中。  店舗、商品ロゴ、タイトル、インテリア書など幅広く手掛ける。  制作実績に日清麺職人旧ロゴ、ダイワロイヤルホテルグランデ京都ロビー天井アート、  同ホテルスイートルーム掛軸、和紙のランチョンマットデザイン、書籍美文字特集ページ監修、年賀状マナー監修など。  余白が心に残る書を目指す。
  • 37
    Cigarette-burns
    Cigarette-burns 福岡を拠点に様々な活動をしているアーティストMaruの活動の総称。NY発のバッグブランド「Manhattan Portage」やアパレルブランドJohnbull、GALLERIEなど多数の公式コラボ商品を発表。
  • 38
    Ushimaru Saeki
    言葉にすると良くも悪くも強く伝わり過ぎてしまうものを絵や色、イラストで表現し、国内外で展示活動、雑誌のカットや壁紙デザイン、撮影背景やライブペイント、衣装ペイント等を行い、企業ともタイアップし、年賀状や壁紙の販売などを手がけるクリエイター。
  • 39
    今井綾円
    幼少の頃に書道の世界に魅了され、古典書道を専門的に学ぶ。 TVCM、広告媒体、インテリアデザインアート、アーティストCD・ツアーロゴ、映像 タイトルなど様々なシーンの書作品を手がける。 2018 国立公文書館 秋の特別展 「躍動する明治ー近代日本の幕開けー」にてフォトス ポットアートを手がける。 2019 第52回全日本書道芸術展デザイン書道部門 グランプリ受賞。 綾円書道塾主宰。
  • 40
    AKANE KIMURA
    関西大学総合情報学部卒業後、約4年間製薬会社に勤務。 現在は、フリーイラストレーターとして活動している27歳。 大学で学んだ経験と沢山のご縁により、私立学校依頼のもと、 学生向けのチラシやポスター等のデザイン、企業のロゴやオリジナルグッズ、結婚式のウェルカムボード等依頼に応じたイラストデザインをしています。 グッズやインスタグラムでのイラストは色の選択も特徴的で、 疲れる日々の中で、見て楽しみ少しでも「にこっ」と微笑んでもらえる様なデザインをこれからも作り続けていきたいと思います。 今後は、グッズ等の作成にも力を入れたいと考えております。 少しでも多くの方の目に届き、一人でも多くの方の笑顔が増えます様に。
  • 41
    とも。
    1973年横浜うまれ、横浜在住。 シンプル&カラフル&スマイルをモットーに、小さいお子さんから年配の方まで親しめる作品を制作。猫やうさぎ、天使をモチーフとしたキャンバス・アクリル画を中心に、手工芸作品なども手掛けている。 日々の生活の中で、ホッと息抜きするための止まり木のような、ウキウキわくわくした気持ちを彩る挿し絵のような、そんな作品を目指し、作品を通して「微笑みの生まれる空間」を作っていくことを目標に活動している。
  • 42
    フジワラフサコ
    神奈川県在住。あとさき塾25期生。 17年前より、powa*powa*というブランド名で雑貨作家として活動開始。 子どもや動物をモチーフにしたイラストをもとに、フェルトや布、粘土などを使用して雑貨を製作したり、フェルトを使用したオリジナル技法で絵を描いています。 オリジナルキャラクター「ぷうぷうとなっちゃん」の雑貨やお話を展開中です。 ぷうぷうは、神奈川県三浦市にある小網代の森(こあじろのもり)のキャラクターを務めています。
  • 43
    hori
    1991年愛媛出身 大阪在住  嵯峨美術大学短期大学部イラストレーション領域を卒業後、画家、イラストレーターとして活動。  主に和紙と墨を使って自分の世界とそこに住む妖精的な物やキャラクターを描いています。  個展などの展示や広告パッケージなどのイラストのお仕事などしています。  画家でも「堀としかず」の名前で活動中。
  • 44
    すがみほこ
    切り絵作家。千葉県袖ケ浦市在住。 著書に日東書院「12か月を彩る切り絵のある暮らし」、大創出版「すてきな切り紙」「おしゃれな切り紙」、共著に日本ヴォーグ社「12か月を楽しめる はじめての切り紙」「和の切り紙ごよみ」 約20年、あみぐるみや羊毛フェルトなどの手仕事作家としても活動しており、手仕事のぬくもりある作品作りを心掛けています。 子育てで日本の歳時記を大切にしてきたので、歳時記や季節を感じる植物、日本の暮らしに寄り添う和モダンな作品作りが得意です。
  • 45
    白川千佳
    1984年生まれ。大分県出身・福岡県在住。 2005年福岡デザイン専門学校卒業。 専門学校在籍中より描き続けている オリジナルゆるキャラ「スリジャワ」を中心に シュールでポップな世界観の絵を描いています。 現在はグッズ制作やイベント出展などを行っています。
  • 46
    MEOMEO
    1987年 神奈川生まれ 東京工芸大学大学院メディアアート専攻デザインメディア領域修士課程修了 その後、都内で働きながらイラスト活動をしています。 私のイラストには動物が多く描かれています。 彼らは猫だろうが熊だろうがお互いにフラットな関係を持っています。 そののびのびとした自由さはまるで浮遊しているかのような軽さを帯びています。 私が描きたいのはそのような浮遊感です。 これからも浮遊する自由な彼らを描いていきたいです。
  • 47
    Zinkai
    1992年生まれ。鹿児島鹿児島市出身。 現在、千葉県流山市在住 水墨イラストレーター・グラフィックデザイナー。 デザイン会社を3年経て2018年4月からフリーランスに。 水墨を使い、主に街に潜む妖怪や人物、日常風景を描く。 また水墨を生かしたカットイラスト、広告イラスト、イベントビジュアル、 さらにデジタルも駆使し、写真との合成や水墨への着色、 グラフィックデザインなども手掛ける。 「第30回国民文化祭かごしま2015かごしま漫画フェスティバル」 メインビジュアル担当 「第23回ナマ・イキVOICEアートマーケット」準グランプリ受賞 「MATTA Fair Kuala Lumpur 2018」日本ブースメインビジュアル
  • 48
    shyge
    日々の生活の中で感じたコト、モノ、オトを自分のカタチと間で表現している。 2010年より福岡を拠点に作品展、ライブペイント、壁画、デザイン等を中心に活動中
  • 49
    冨永ボンド
    佐賀県多久市のアトリエ「ボンドバ」を拠点に、アートな町おこしプロジェクトを手掛ける傍ら、フランス・パリやニューヨークのギャラリーと契約し海外でも活躍する“グローカル”アーティスト。「つなぐ(接着する)」を創作テーマに、木工用ボンドを使った独自の色彩と画法で、抽象・半抽象的な絵画を描く。即興絵画パフォーマンスや壁画創作、医療とアートをつなぐアートセラピーなど幅広い分野で活躍中。夢は世界一影響力のある画家になって、医療福祉の分野を支援すること。キーフレーズは「アートに失敗はない!」
  • 50
    錦山亭金太夫
    昭和34年8月、博多・美野島に生まれる。 平成2年4月より日本経済新聞にて「金太夫の博多有情」を連載中。 平成10年、上川端商店街 博多方言大型ペナントで第11回福岡市都市景観賞受賞。 平成21年4月、第109回日本外科学会定期学術集会記念扇子制作。 平成22年10月、博多を語る会編の「博多かるた」を制作。 平成25年6月、第58回日本透析医学会学術集会にパネリストで参加。 平成25年8月、テレビ西日本制作ドラマ「めんたいぴりり」の題字をはじめ、福岡市内の飲食店の屋号の揮毫も数多く手がける。 平成26年7月、日本経済新聞社より画文集『まずは笑顔から』を出版 平成29年11月より、新天町ギャラリー「風」にて、作品展を毎年開催
デザイン一覧はこちら