• 飯田峰空
  • 1986年生まれ、神奈川県出身。
    6歳より書道を始め、23歳で師範資格を取得。
    2015年、第32回産経国際書展にて特選を受賞。
    2018年、パリ・ルーブル美術館開催のアートフェア『Art Shopping 2018』に出展。
    同年、日本酒ラベルのコンペで、233作品の中から文字が採用される。(菊の司酒造株式会社「膠漆の交わり」)
    2019年、「丸の内K I T T E」開催のアート展に参加。
    商品ロゴ、広告・テレビのタイトル制作、作品発表、ワークショップ講師を行っている。

Artwork by 飯田峰空

  • 今回の年賀状デザインの作品への
    思いやメッセージを教えてください。


    美しさと共に、送る人から受け取る人へのメッセージが感じられる文字をテーマにしました。干支の「卯」を使った年賀状は、卯の字を大きくデザインしています。新年への期待にワクワクする気持ち、一年を勢いよく進む疾走感をイメージしました。「軽やかに朗らかにいきましょう」というメッセージは、さりげないエールと温かい気持ちを伝える言葉として選びました。空や海、植物など自然を思わせる優しい色合いで背景を描きました。

  • 活動の中で今、一番注目している
    (力を入れている)ことは何ですか?


    最近は、座右の銘や大切にしている言葉、会社のスローガンを書いてほしい、というご依頼を多くいただきます。ご自身や会社の原点となる言葉を任せていただくのは、とても光栄で、制作に気合いが入ります。その人や会社の個性、目指す方向性が文字からも感じられるように、綿密なインタビューとやりとり、試作を重ね制作します。大変な毎日を過ごしていく上で、作品がその人のお守りのような存在になるように、力を注いでいます。

飯田峰空 とつながろう

デザイン一覧はこちら